【ジャッカル】ハニーナゲットの特徴と使い方

 

ハニーナゲットとは?

ハニーナゲットは、ジャッカルが発売している扁平形状をしたワームです。

フリーリグで使用すると、シンカーに引っ張られてワームが縦に落ちていきます。

そのあと、シンカー着底すると糸のテンションフリーになるのでワームが水平姿勢にしてゆっくり落ちていきます。

動画を見ていても、縦に落ちるスピードとシンカーが着底したあとのワームのスローな緩急がはっきりわかります。

しかし、魚がワームを餌だと思う瞬間は、ワームのスピードの緩急よりもシンカーが着底した後に「糸が消えたとき」が捕食をするタイミングだと製作者の加藤誠司プロは言っています。

そんなハニーナゲットは「糸が消える状態」を自動的に作り出せるように開発されました。

ハニーナゲットのカラーや形状

ハニーナゲットに合うフック

 

フリーリグでの使い方

①基本は投げてシンカーが着底したら、グライディングフォールに切り替わるので着底するまで数秒待って魚が喰うタイミングを与える。

②反応がなければ、ロッドを立ててシンカーがワームに当たると2~3回シャクって素早く落とす、そして数秒待つ。

③それを繰り返す。

ハニーナゲットに向いているタックル

フルーリグで使用する場合は、テキサスリグやラバージグと同じような比較的固いロッドになるのでMH~Hといった番手になります。

ポイズンでいうと

ポイズン アドレナ:166MHや172H

ポイズン グロリアス:1611MHや174MH

ポイズン アドレナ:170MHや172H

になります。

ラインは、伸びの少なく感度の良いフロロカーボンで14ポンド以上が良いと思います。

リールは、ローギアよりも早く巻けるハイギアの方が良いでしょう。

シマノ 20 メタニウム XG RIGHT
ギア比:8.1:1
自重:175g
最大ドラグ力:5kg
巻取り長さ:86cm
ナイロン糸巻量(lb-m[spacekey_affiliate_shortcode key=30 title=”シマノ 20 メタニウム HG RIGHT”]):12-100/14-90/16-80/20-65
ダイワ ジリオン 10.0R SV TW
ギア比:10.0:1
自重:215g
最大ドラグ力:4.5kg
巻取り長さ:106cm
ナイロン糸巻量(lb-m):14-45-90/16-40-80

 

ハニーナゲットで使うフリーリグのシンカーは?

 

 

 

ハニーナゲットに似ているワーム

 

 

形としてはデプスのブルフラのボディーに足がついたような感じでかなり似ているようですね。

価格や大きさなどの詳細についてはジャッカルのHPを見ましたが、まだ新製品の中にはランナップされていなかったので市場にはまだ出回っていないようです。

これからの発売が楽しみです。