釣り方

ミドスト(ミッドストローリング)について詳しく解説

ミドスト(ミッドストローリング)とは?

ミドストとは、ミッドストローリングの略称で、「ミッド=中層」を、「ストローリング=漂わせる」ようにアクションさせる釣り方です。

スピニングタックルを使ってフラッシュJやデスアダーのようなピンテールワームに1/32㌉や1/16㌉のような軽いジグヘッドフックにセッティングして行います。

 

ミドストの基本的な方法について

ミドストにも様々な流派があります。そしていろいろな派生技がありますがこの記事内ではミドストはジグヘッド+ピンテールのようなワームにアクションさせて中層でバスを誘うこととします。

やり方は、「ロッドを振って糸のたるみ(ラインスラック)をコントロールしてリールの巻きスピードを調整してワームをアクションさせます。

初心者に難しいとされているラインスラックのコントロールのコツは、ロッドを一定のリズムで振ってラインを張って緩めるを繰り返すことでラインからリグに力がかかってワームのロールアクションを作り出します。

それができれば、あとはリールの巻きスピードを調整して自分が狙っている層をワームをゆっくり漂させていればOKです。

ミドストのコツ

ミドストのアクションのキモは「ラインを張り過ぎない」ことです。ラインを貼ったまま竿を振ってしまうと、ワームがラインのテンションに引っ張られて上下左右に振られて水中の中で暴れてしまいます。

ミドストでは「一定の層をロールしながらアクションされる」というのが最も、のぞましいと言われているので、ロッドを振ることで生まれる糸のたるみを感じれるようにアクションさせます。

ミドストロッドの選び方

ミドストする上で最も大切なロッドについて解説してきます。

ミドストは、UL〜Lが一般的です基本スピニングタックルで行います

ミドストに使うスピニングロッドの硬さは、UL〜Lが一般的です。 中にはより軽量のルアーを扱いやすいXULのモデルもあります。 また使用ルアーが大きい場合や琵琶湖などのアベレージサイズが大きいフィールドやカバーが濃いフィールドなどは、MLやMも検討してみましょう。2021/09/08

ロッドの長さ

 

ロッドの硬さ

 

ミドスト専用ロッドを使うメリット・デメリット

 

メリット

 

デメリット

 

ミドストリールおすすめ

 

 

ミドスト用ワームおすすめ32選!

 

ミドストセッティング方法について

 

 

ミドストの刺し方は?

 

 

ミドストに最適フックは?

 

最適な重さ

 

 

ミドスト用ハードプラグおススメ

 

 

ミドストに最適なラインとは?

フロロ

ナイロン

PE

 

ミドストまとめ